KIAI

編入学試験が8月くらいにあるので、受験勉強をはじめることにしました。



いや、実際冬休み前から受験勉強してはいたんだけどね。
正月気分が抜け切れず、あまり進んでいませんでした。
ここらで心機一転、KIAI入れていこうと思います。

実は、尊敬してる数学の先生に「ポテンシャルはあるのに勿体無い」と言われたのです。

高専に入学してから、「まー適度にやってそれなりな順位とればいいやー」
という考えの下、適度に手を抜きながらやってきた私ですが、
この台詞にはちと動揺させられました。

というのも、昔高校受験の時に私がめちゃめちゃ勉強していて、
数学の才能のある友達に言った台詞が、「やればできるのに、勿体無いなぁ」だったのです。

先生からその言葉を聞いて、その光景がフラッシュバック。
「適度な」と言い訳して嫌なことから逃げていた自分に気づき自己嫌悪。

あの頃より少しは人間として成長した私だけど、
少なくともあの時は、ポテンシャルをポテンシャルのままにしておくことはしなかった。

「あのときああしていれば」と後悔するのは嫌だし、
今このタイミングで楽なほうへと逃げたら、もう生涯何かに真剣に取り組むことができない気がして。

「これだけしか勉強してないのにこれだけ点数取れた」などに代表される逃げ道をなくし、
言い訳の効かない「本気になった自分」を世に示さなくてはならない。
それは嫌になるくらい怖いことだ。
落ちたら恥ずかしいし、自分の力が及ばなかった絶望を味わう可能性だって十分にある。

それでも今ここで、私はやらなければならないと思う。




以上、これからの抱負でした。


|Д゚)それでも麻雀は週2、汁は週末に少しやるよ?
|Д゚)麻雀を完全に断つのは精神的に無理。
|Д゚)狂う。狂っちゃう。
|≡サッ!!
[PR]
by srtrkodama | 2006-01-20 01:58 | 徒然
<< 一行更新 ネムス >>